オリックスが競り勝った。五回に宮崎の2点二塁打などで4点を先制。金子が六回に2点二塁打を浴びるなど3点を失ったが、その後は踏ん張り、完投で開幕4連勝を飾った。西武は源田の2点二塁打などで追い上げたが...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ