ヤクルトが連敗を3で止めた。石川が粘り強く投げて要所を締め、7回1失点で2勝目を挙げた。打線は二回に西田の適時打で先制。四回に大引の適時打、五回に荒木の1号ソロで1点ずつ加えた。広島は打線が振るわず...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ