中日は今季2度目のサヨナラ勝ちで、連敗を3で止めた。八回、大島のこの日4安打目となる適時打で同点。九回は2死二、三塁から京田の三塁へのゴロが失策を誘って決勝点が入った。阪神は救援陣が粘れず、3位に後...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ