ソフトバンクが連敗を4で止めた。2―3の五回に今宮の適時打で同点とし、デスパイネが勝ち越しの3ランを放った。千賀は8回を3失点、11奪三振の力投で2勝目を挙げた。ロッテの石川は5回で6失点と踏ん張れ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ