巨人が投手戦を制した。七回に阿部の右前打で均衡を破り、九回も代打亀井の適時打で加点した。大竹寛が七回途中まで無失点で2勝目。その後は継投が決まり、カミネロが5セーブ目。中日は好機を逃し続け、好投吉見...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ