阪神がサヨナラ勝ち。4―4で迎えた延長十一回、先頭打者の原口が左越えに本塁打を放って試合を決めた。2回無失点の藤川が今季初勝利。ヤクルトは4点差を追い付く粘りを見せたが、6番手の杉浦が踏ん張れなかっ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ