ともに決め手を欠いて引き分けた。広島は1点を追う九回、鈴木の適時打で同点とした。その後は再三のピンチで救援陣が粘った。中日は九回の田島が誤算だった。相手を上回る安打を放ちながらも、14残塁の拙攻が響...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ