阪神が糸井の3戦連発となる3ランで勝ち越した。1―1の七回2死一、二塁から右翼席上段に運び、勝負強さを示した。秋山が七回途中まで1失点で試合をつくり、好救援の桑原が7年ぶりの白星。ヤクルトはルーキが...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ