巨人が4年ぶりの開幕5連勝を飾った。1―1の五回、内海と立岡の適時打と坂本勇の犠飛で3点を勝ち越した。内海は投げても粘り強く要所を締めて7回1失点で白星を挙げた。DeNAは得点圏で決定打を欠き、3連...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ