ロッテが開幕からの連敗を4で止めた。2―6の六回に清田の二塁打などで3点を返し、七回に鈴木の2ランで逆転した。3番手の大嶺祐が3回1失点で白星を挙げ、益田がセーブをマーク。日本ハムは4点リードを守り...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ