ヤクルトは一回に雄平の適時打で先制、三回はバレンティンが1号ソロ、九回は内野ゴロの間に加点した。ブキャナンはテンポよく、8回1失点で来日初勝利。阪神は藤浪が5回で9四死球とリズムを乱し、得点は糸井の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ