広島は一回に先頭の田中から3連打で2点を先制し、三回には新井が2点二塁打。七回にも3長短打で畳み掛けた。九里が6回1失点で今季初勝利。阪神は能見がピリッとせず、打線も好機を生かせずに10残塁。得点は...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ