西武は1―1の五回、失策に浅村とメヒアの適時打などで4点を勝ち越し、5―3の八回に木村文の犠飛で加点した。ウルフは6回を3失点で、七回からは継投が決まった。日本ハムは大谷の1号ソロを含む3安打が実ら...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ