広島がサヨナラ勝ちした。7―8の七回に押し出し四球で同点。延長十回、代わったドリスを1死二、三塁と攻め立て、安部の二塁への内野安打で試合を決めた。九回から登板した中崎が初勝利。阪神は十回の2失策が痛...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ