ソフトバンクは四回に今宮、中村晃、柳田、長谷川勇と主力の4連打で3点を先制。摂津は6回2安打無失点と存在感を示した。阪神は七回に登板した藤川が切れのある直球を軸に3者連続三振に切った。八回には高山が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ