開幕投手を務める西武の菊池は6回2失点とまずまずの投球だった。主砲の中村はオープン戦1号となる3ランを放った。中日は吉見が8回6失点と開幕前最後の登板で不安を残した。新人の京田が3安打1打点と存在感...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ