阪神は一回無死一、二塁から新加入の糸井がオープン戦1号本塁打。上位打線の厚みを示した。先発の能見は5回2失点。ヤクルトの新外国人オーレンドルフは二~六回を無安打と修正力を発揮。新人の星が1回2奪三振...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ