ロッテは平沢が1号ソロを含む2安打を放って打撃面でアピールした。先発入りを目指す西野は6回で8安打されながら2失点と踏ん張った。ヤクルトは山中が低めを丁寧に突く投球で6回を2失点と順調な調整ぶりだっ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ