ロッテはスタンリッジが初登板で4回1安打無失点と安定していた。先発枠入りを目指す大嶺祐は速球に力があり、3回を1安打無失点と好アピールした。ヤクルトはブキャナンがストライクを先行させて4回を無失点と...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ