阪神は高山が一回の先頭での右本塁打を含む3安打を放った。メッセンジャーは制球が乱れ、2本塁打を浴びて5回4失点。西武は高橋光が安定感を欠き、4回4失点だった。1軍に合流したばかりのメヒアは本塁打で存...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ