ヤクルトは開幕投手候補の石川が5回無失点と盤石の内容。持ち前の緩急をつけて打たせて取る投球が光った。西浦が2ランでパンチ力を誇示。広島は来日2年目のヘーゲンズが六回から4回を完璧に抑え、先発の資質を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ