阪神は先発候補の秋山が安定した制球を見せた。5回を四死球なしの2安打1失点(自責点0)と好投した。鳥谷は2安打1盗塁をマークしたが、二塁守備で2失策。ロッテの収穫は4回を無得点に抑えた二木で、井上は...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ