阪神は先発枠入りを狙う岩田が低めを丁寧に突き、5回1失点と好投した。二回と六回は打線がつながり畳み掛ける攻撃ができた。高山はいずれも左投手から3安打。ヤクルトは村中が4四球と制球に苦しみ、7失点で不...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ