ロッテは抑えから先発に転向した西野が5回を2失点(自責点1)と安定していた。大嶺祐は4回1安打無失点と好投。打線では大嶺翔が2安打3打点と奮起した。楽天は先発候補の辛島が5回3失点で、4暴投と制球に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ