ソフトバンクは1―1の六回、外野の一角を狙う上林が左翼席へ勝ち越し3ラン。先発枠入りを目指す東浜は4回無失点ながら、3四球と制球が乱れた。ヤクルトは新外国人のオーレンドルフがテンポ良く4回を無得点に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ