昨季セ・リーグ最多セーブの巨人の沢村はここまで実戦登板せず、じっくりと調整している。ブルペンで新球種のチェンジアップを試しながら35球。「狙ったところに投げるとか、当たり前の確率を求めていきたい」と...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ