巨人初の対外試合となった韓国プロ野球・サムスンとの練習試合は散々な内容だった。投手陣が打ち込まれ、打線も凡打の山を築いた。高橋監督は「良かったと思えるものがほとんどなかった」とおかんむりだった。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ