楽天の岸がブルペンで約50球を投げた。大半は捕手をホームベースより前に座らせる独特の練習。狙いは投球フォームのチェックで「いつもの距離より近いので、力を入れずに投げられる」と説明した。シーズン中も登...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ