3年目で飛躍を期す安楽がシート打撃に登板し、打者6人に投げて3安打を許した。結果は気にしていなかったそうだが「悪い球が多かったのを課題として、今後のブルペンで投げていきたい」と納得がいかないようだっ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ