西武3年目の高橋光は、登板したフリー打撃で3本の柵越えを許した。それでもブルペンで試す機会がなかったというクイックモーションで挑み「まずまず。ある程度バランスもいいし、強い球もあった」と振り返った。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ