プロ野球の阪神は阪神大震災から22年となった17日、四藤慶一郎球団社長や高野栄一球団本部長、合同自主トレーニング中の新人選手ら約60人が、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で黙とうした。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ