2015年に受けた右股関節の手術から復活を目指す巨人の杉内俊哉投手が13日、鹿児島県薩摩川内市内で練習を公開し、約70メートルのキャッチボールなどに取り組んだ。治療台の上でのリハビリを強いられた昨年...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ