阪神のドラフト1位新人、大山悠輔内野手(白鴎大)が3日、茨城県つくば市の母校・つくば秀英高の野球部グラウンドで自主トレーニングを公開した。トスバッティングなどで約3時間汗を流し「チームに欠かせない存...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ