ヤクルトの徳山武陽投手(27)が16日、厚生労働省から難病に指定されている黄色靱帯骨化症の手術を11月に受けたことを公表した。10月の秋季教育リーグ中に左脚のまひを訴えて精密検査を受け、判明した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ