日本は投打に精彩を欠いた。2―4の八回に2安打と失策で1点を返したが、なお2死二塁で代打大谷が三振に倒れた。打線は8四球を選びながら5安打に抑え込まれた。千賀が2―2の六回に2点を失い、山崎康が九回...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ