オリックスは一回に吉田正の犠飛とT―岡田の適時打で2点を先制。五回は3四球で無死満塁とし、押し出し四球...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)