西武が今季のオリックス戦の勝ち越しを決めた。1―1の四回に渡辺の2点適時打などで3点を勝ち越すと五回には浅村がソロを放った。ウルフが七回途中3失点で無傷の4連勝。オリックスの金子は制球に苦しみ、8敗...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ