オリックスは2―2の八回、代わった牧田から2死満塁とし、代打駿太が右前へ2点勝ち越し打を放った。先発の松葉は7回2失点、11奪三振の力投。西武は3年連続の4位以下が確定。牧田は2死球でピンチを招き踏...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ