中日が競り勝ち、連敗を4で止めた。2―2の八回に、堂上が適時二塁打を放ち、勝ち越した。さらに高橋の適時...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)