延長十二回で引き分けた。ロッテは3―4の九回に角中の二塁打で追い付いたが、その後の得点機は生かせなかった。日本ハムは九回に吉川がつかまった。九~十二回は毎回得点圏へ走者を送ったが、あと1本が出なかっ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ