西武は0―2の六回1死から秋山、浅村の連打で一、三塁とし、メヒアのリーグトップに並ぶ30号3ランで逆転。八回にもメヒアの左前打で加点した。今季初登板のウルフが6回2失点で初勝利。日本ハムの首位浮上は...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ