ヤクルトが延長十一回、暴投による得点でサヨナラ勝ちした。バレンティンの2発を含む3安打7打点などで9―8としながら九回に追い付かれたが辛くも競り勝った。平井が3年ぶりの白星。中日は5点リードを守れな...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ