西武が先発全員安打で今季最多の14点を奪った。先制を許した直後の三回に浅村の3点二塁打などで逆転。五回には7安打を集めて6点を加えた。岸が6回3失点で7勝目。西が10失点の大乱調だったオリックスは借...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ