日本ハムが逃げ切った。一回に大谷の適時打と陽岱鋼の3ランで4点を先制。バースは6回1失点で6月20日以来の6勝目、宮西が6年ぶりのセーブを挙げた。ロッテは失策が失点につながり、打線も10安打で1得点...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ