広島が5連勝。黒田が二~七回を無安打に抑える快投で8勝目。四回には自らスクイズを決めて先制点を挙げた。八回はジャクソン、九回は中崎で盤石の継投。ヤクルトは一回の2安打だけで二塁さえ踏めず、粘る石川を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ