西武の高橋光が7回1失点と好投し、自身の連敗を8で止めて4勝目を挙げた。打線は0―1の四回2死一、二塁から渡辺の二塁打で追い付くと、呉念庭のプロ初打点となる2点適時打で勝ち越した。オリックスは投打に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ