ヤクルトの山中が6月17日以来の4勝目。緩急を生かして的を絞らせず1失点で今季2度目の完投。打線は三回に押し出し四球と西田、山中の適時打などで5点。阪神はメッセンジャーが三回途中で降板。得点も四回の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ