巨人は1―1の七回2死二、三塁で途中出場の大田が左中間へ三塁打を放ち、2点を勝ち越した。大竹寛が7回1...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)