中日のビシエドが4打点の活躍。六回、平田の適時打で先制すると、ビシエドが17号3ラン。ビシエドは七回にも適時二塁打を放った。ジョーダンが的を絞らせず、5勝目。阪神の藤浪は六回に崩れ、4敗目を喫した。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ