西武がサヨナラ勝ちした。7―9の八回に代打上本の2点適時打で追い付き、延長十回2死満塁で代打坂田がプロ8年目で初のサヨナラ打となる右前打を放った。6番手の武隈が4勝目。ロッテは2度リードしながら守れ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ